ドイツ働き方 ドイツ留学ゲゼレマイスター マイスター訪問記 挑戦する日本人

整形靴のゲゼレ・マイスターを目指す齋藤さん、すっかり職場に溶け込んでいました!

デュッセルドルフ近郊の街の家族経営の素敵な工房で
整形靴のゲゼレ・マイスターを目指す齋藤さん、すっかり職場に溶け込んでいました!

 

今年のプログラムの参加者も9月(早い方は8月)から研修が始まり、早くも3週間以上が経ちました。

 

学校が始まった参加者も多く、皆さん充実した毎日を送っています✨

 

 

 

 

齋藤さんは整形靴のゲゼレ・マイスターを目指し、研修に入りました。

 

 

彼は日本で整形靴の勉強経験があり、研修先のマイスターからは高い評価を得ています✨

 

早くも試験までの研修期間の短縮のお話も出ていました。写真は6月に職業体験の時に撮ったものです。

 

あの時には緊張感がありましたが、先週立ち寄った際にはすっかり職場に溶け込んでいました✨

 

お父さんマイスター、事業を引き継いだ息子マイスター、そして管理部門にはやり手のお母さんが
入っていて、息子マイスターのお子さんも既に成長され受付を任されている家族経営の工房は
いつもお客さんが絶えない、素敵な整形靴のお店。

 

訪ねると皆さんで温かく出迎えてくれます✨

 

 

とはいえ工房内には今2年目、3年目の研修生もいて、3年目の研修生は来年が試験の年。

 

マイスターの指導で工房に緊張感が走ることももちろんあると話してくれました。ドイツの基本的な指導方法は、やり方をきちんと説明し、見せ、疑問や質問にはきちんと説明があるのが特徴です。

 

 

 

 

齋藤さんも、さらなるドイツ語の勉強に力が入ります。

 

こちらの地域は毎週学校があり、週に4日が工房、週に1日が学校のデュアルシステムになっています。

 

 

斎藤さんは語学学校期間中のホームスティ先のお父さんともとても親しくなり、ドイツ語の力、そして文化に馴染み、研修開始に向けて新しい住まいを探すなどする中で、ドイツ語の力も飛躍的に伸びた様子✨

 

私たちも様々なサポートはしてきたけれど彼にはかなりの力がついたと感じている。

 

とはいえ、学校の勉強はもちろん簡単ではなく、まだまだ勉強の日々が続いていきます。

 

 

 

 

8月に研修に向けて新しい住まいに引っ越しをし、9月から研修が始まった彼のチャレンジの本番はこれから。

 

齋藤さんのこれからのゲゼレ取得までの道のりとその先の活躍が、今から楽しみです✨

 

 

 

私達はもちろん彼、そして研修生全員を応援していきたいと思います!

 

 

 

来月には参加者皆さんから活動報告をもらう予定です。

 

応援してくださる皆さんにも是非ご紹介していきたいと思います✨

 

楽しみにしていてください✨

 

 

 

-ドイツ働き方, ドイツ留学ゲゼレマイスター, マイスター訪問記, 挑戦する日本人

© 2021 株式会社ダヴィンチインターナショナル / ゲゼレ・マイスター資格取得・ドイツ留学