ドイツ働き方 ドイツ留学ゲゼレマイスター マイスター訪問記

ミュンヘンの木工家具マイスターから研修生の育成について良い話を聞きました☆

ミュンヘンの木工家具マイスターから研修生の育成について良い話を聞きました☆

 

 

マイスターになるために職人の育成のための教育学を学ぶことは、マイスターになるための太い4本柱のうちの1つということは有名ですが、先日、信頼関係の深いマイスターから、彼が教育のための研修期間における研修生に対する労働管理をきちんと行い、健全な研修時間の中で研修生を一人前の職人に育成することに対して、非常に意識が高いことをお聞きました。

 

ドイツでは、労働者の権利が日本に比べてかなり守られているため、経営を営むマイスターにとっては雇用しながら良い経営を営むことは、非常に大切なことです。

 

マイスターになるために教育学を学び、被雇用者の権利を常に意識しながら経営を営む必要のあるドイツの経営者は、本当に社会の需要を的確に捉え、利益を生む取り組みをしていくことに、非常に意識が高いことを実感しました。

 

毎回マイスターから学ぶことは多く、特に力のあるマイスターの考え、行動から学ぶことは、非常に多いです。

 

 

 

-ドイツ働き方, ドイツ留学ゲゼレマイスター, マイスター訪問記

© 2021 株式会社ダヴィンチインターナショナル / ゲゼレ・マイスター資格取得・ドイツ留学