《製菓でドイツの国家資格ゲゼレを目指し今年ダヴィンチのプログラムに参加の阿部容子さんの第10回投稿記事のご紹介☆》

容子さんの研修Ausbildungもいよいよ9月からスタートしています!
色々と工夫をこらしながら仕事をしているようですね。

この時期は参加者の皆さんから研修先でどのように過ごしているかなどのメッセージをたくさんいただきます。今年は充実ぶりを語ってくれるメッセージを日々いただき、私たちも、とても嬉しいです。
ものづくりに思いがあり、これだけ丁寧にコストをかけてものづくりをする環境があることに感激しているメッセージ、本当によい職場環境の研修先を紹介したことへの感謝のメッセージ、マイスターから高い評価をしてもらったメッセージ等、この半年間の疲れがいっきに吹き飛ぶようなメッセージをいただいています。
ドイツ人の習性として良いものを長く大切に使う文化が、ひとつのものを作る際に材料費などのコストをかけられるビジネスが成り立つのだろうなということは私も日々暮らしていて感じます。

皆さんが決まった研修先で充実した毎日を過ごしていること、またその状況を知ることができることが、私たちが日々の業務を行っていて一番嬉しいことです。この先のより良い形づくりに参考にしたりすることができることもまた大切なことです。

優しい同僚の皆さんと一緒に容子さんの毎日も始まったばかりです。
業務後に広々とした明るい雰囲気のカフェで自分が携わったものを食べるひととき、容子さんの姿が思い浮かぶようです。

容子さんの記事の紹介です。

【研修が始まりました!】

いよいよAusbildungが始まりました。私の研修先は、パンと製菓を同じ工房内で製造していて、今はFeinbäcker(ファインベッカー)というクロワッサンやアップルパイなどを担当する部門に携わっています。とはいっても、仕事の基本は掃除から!それが終わると、形成した生地を天板に並べるための準備をしたり、材料を混ぜたり、いろいろしています。

今大変だな感じるのは「早く」「落ち着いて」作業することです。また、大切だなと感じていることは、できるだけ導線が短くなるようにワゴンを置いたり、自分の身長に合うように箱を重ねて作業台を作るなど、自分が作業しやすいように道具の配置や高さを工夫して効率的に動くことです。

今は、朝の6時からお昼の2時半まで働いていて、仕事が終わると会社が運営するカフェに向かって今日自分が携わったものを食べるのが日課です(笑)仕事中の会話はもちろんドイツ語ですが、簡単な単語でなんとかやりとりしています。同期も同僚のみなさんもとても優しく、日々助けられています・・・!ただ、黙々と作業することが多いので改めて勉強せねばなと感じているところです。

また、Berufsschule (ベルーフスシューレ)という職業学校にもこれから週一で通います。ここは専門学校のようなところで、こちらでも実技や理論を学びます。学校も始まったばかりなので落ち着いたら紹介したいと思います。

写真は会社のカフェです。