《ワークライフバランスを実際に実現している経済大国ドイツ。ドイツで研修に入ったうちの参加者も7月、8月は多くの人が夏休み(有休)を取っている。長い人は1ヶ月の夏休みを過ごすことも☆☆》

日本で社会人になるとなかなか二週間以上の休暇を取ることは少ないだろう。

ドイツでは全く様子が違う。
ドイツでは年間の有休が最低24日付与され、年間で全日消化、または定年まで貯めて後に消化することができる。
しかも病気で休む時には別に有休が付与される。
春休みに1週間、夏休みに2週間、クリスマス休暇に2週間、有休を取るなんてことはドイツでは当たり前。
従業員にはもちろんその権利があり、私どもが付き合っている会社の社長もよく休みを取る。社長が2週間、3週間、休暇で不在ということもよくある。

どうして実現できるのか。
一つには仕事の進め方が合理的。部下に様々な権限がおりていることも多く、判断、行動が早く、打ち合わせ時間が短い。
また、互いに休むことへの理解があることも大切な要素。従業員どうし、連携している会社どうし、またお客さんの立場になっても、人が休暇を取ることに寛容だ。
だから、なかなか連絡がとれない人に久しぶりに連絡が取れたときには、いかに休暇が充実していたかという話しから話しが始まる。このドイツのしぶりに最初は、なかなか仕事が進まないと思ったこともあるが、今では人が人の休暇を尊重することは自分自身が人間らしく生きるためにも大切だと思うようになったし、一人当たりの生産性が高いドイツでの仕事の進め方にも慣れ、むしろ評価するまた学ぶ面が多いことに気づいた。

うちのプログラムに参加している研修生からもお休みをとって日本に1ヶ月一時帰国する話しや家族が数週間ドイツに遊びに来る話しはよく聞く。
たまに、ドイツに来てからのほうが、日本で働いていた時より家族と触れる時間が増えたという話しすら聞く。

休暇中は立地を活かしてスイス、オーストリア、フランス、オランダ、ベルギー、イタリア、スペインなど近場の周辺国には数十ユーロで行ってくることができる。整形靴を学びに来た参加者は周辺国の靴事情を観に行ったり、パンや製菓、食肉加工や料理人で研修に来た人は周辺国の食事情を観に行き食しに行くことができる。それぞれの職種において周辺国の事情はもちろん興味深い。ドイツの有休の取りやすさが有効活用できる。

以前、ドイツでマイスターの称号を取得し、日本で活躍されているマイスター兼社長に話を伺った際に、休暇で周辺国を訪ね歩いたことも今の仕事の引き出しの多さにつながっていて、全てに意味があったと語っていた彼の話しを思い出した。
休暇を取ることも良い仕事をするためには大切なことはドイツにきて実感することが多い。

本当の意味での働き方、生き方、を私たちはドイツからも色々と学ぶことができるように思う。