《デュッセルドルフ近郊に研修先が決まったNaokiくん(正面右)の引っ越しの協力に来てくれたケルンで研修中のSeiyaくん(正面左)。参加者皆さんがお互いに協力し合ったり、互いに助け合っていてとても良い関係に私たちも心から嬉しい。ドイツ語の準備にも熱心で飛躍的に力をつけ続けるSeiyaさんは眼鏡のマイスターを目指している。Naokiくんは家具木工で頑張る若き青年。二人ともに必死に頑張る姿が将来の活躍に結びついていく。二人をはじめ、日々チャレンジする参加者の皆さんを私たちは応援しています☆》

毎年参加者皆さんがお互いに助け合う姿をみている。ドイツ語や文化の理解など海外で積極的に生きていく術を身につけていくときに互いのポジティブな考えが良い流れを生み出していくと感じる。今年は特にその流れがよく、やはり人一人一人の考えが周りに及ぼす影響はすごく、良いうねりにもまた逆にもなり得る。大切なことは自身の成功や活躍を信じ、周りをも心から応援したり成功を喜ぶことができる心。
今年は影響を及ぼす人々の力が非常に良い流れをつくったと感じる。
毎年このように良い流れ、よいつながりをつくっていきたいと心から思っている。人の選考もとても大切だと年々感じている。

今年の皆さんを少しずつご紹介していきたいと思います。
彼らのチャレンジは始まっています。
本当にこれからが楽しみです。

今、日本の若い企業や若い世代の方々の活躍を見ていると、明らかに時代の変化を感じる。30代、40代で一線で大活躍する方々の思考は今までの経営とは明らかに違う性質を持っているし、今はもっと若い世代の行動力からも目が離せない。
思いがあり、それを形にしたいと貫いていく思考力、行動力、楽しむ力、そして大切な人たちとの出会い。
これからの時代は大きく変化していくし、すでに変化はかなりのスピードで起きている。

参加者の一人一人が、さらにはドイツ、世界中でチャレンジする若者たちが力をつけ、自分が幸せと思う人生、生きたいと思う人生を自らの力で築いてほしい。
実現したいと思い行動する人からチャンスは訪れる。

ドイツの教育は自ら考える力を養い、チャレンジや行動力を大切にしている。私はドイツの現地校で教育を小・中学で受けることができ、本当に感謝している。
不安をかき消すことが出来るのは自らの行動により力をつけること以外にはない。行動し力をつければ不安は引っ込み自信が生まれる。自分が納得した行動を自らとることが誰の実力でもなく自分自身の力になる。他者との本物の信頼も築くことができる。
日々活躍しているマイスターや経営者の皆さんとお会いするけれど活躍している方々には共通点がある。
それはどんな状況でも考えぬき行動し、そして明るく元気で前向きなこと。好きを仕事にしていることからくるのかもしれない。
だから一緒に仕事をしていて私たちも本当にやりがいを感じる。
信頼関係を築いてきた参加者とのつながりをこれからもとても大切にしていきたい。