《食肉加工・Metzgerの職種でプログラムに参加したYuji Koshioさんからの語学学校期間中の活動報告☆彼はドイツに来たときからドイツ語の習得に貪欲でかなりの実力をつけた参加者。
その彼もミュンヘンの老舗且つ大人気の食肉加工店での研修が始まりました ☆》

彼は一流大学、一流企業を就職後に、23歳でドイツで本場のハム・ソーセージの技術を学びマイスターを目指す決意をしてこのプログラムに参加。
語学学校はケルン校に通い、初めからクラスもどんどん上がり、ホームステイ先や語学学校の仲間とも積極的に関わり、日曜日のサッカーにも毎週参加するなどめきめきドイツ語力をつけた一人。4月のマイスターとの面接の際にはすでにも3、4分の自己紹介を全て空で伝えきりマイスターを感動させた。

写真は語学学校の韓国から来て学ぶ仲間と撮った写真。彼は正面からみて左☆ケルンの夜景もよく撮れてますね。

その彼から語学学校期間中の活動報告が届いたのでその一部をご紹介します☆

<ドイツに来て良かった点>

ありきたりだが、やはりビール、ソーセージがうまく、かつ安いこと。また、公園で平日の日中から大勢でバーベキューは日本ではできない贅沢だと思う。周りを見ても寝そべっている人や同じようにバーベキューしている人などを見ると、生活が日本とは違うんだなと感じた。語学学校を通して、様々な国の人と交流でき、日本での当たり前・常識は他ではそうではないということを、直接会話を通して知ることができた。例えば、インターネット環境や事務手続きなどは日本の方がしっかり確実だが、ドイツでは担当者によることが多い。ただ日本人が仕事に抱えるストレスを知っているからこそ、どっちが良いとは言えない。ドイツに来て初めて日本のいいところ、ドイツのいいところをそれぞれ身をもって知ることができた。

<ドイツに来て苦労した点>

日本人としかまともにしゃべったことがないので、考え方や声の大きさ、握手をするなど、異なる文化に初めは戸惑った。
<語学研修を終えてドイツに来た頃と現在の自分のドイツ語力の変化について>

ドイツに来る前は文法や名詞の性などの勉強はせず、ドイツ語学習者向けのドラマを何度も反復することで自然とフレーズや文構造を覚えるよう努めた。語学学校では先生、クラスにも恵まれ、文法から日常での疑問、ディスカッションなど、様々な角度からドイツ語を勉強できた。毎日その日に行った内容の復習、覚えた単語を作文にして自分のものにするなどを家では行った。翌日先生に添削してもらうことで、自分が日頃言いたい言い回しなどを着実に身につけることができた。渡独当初と半年後では、ホームステイ先での会話や日常でのスーパーでの会話、学校での意見を述べるときなどに明らかに聴けて話せるようになっている。

以上が彼からの報告。Yuji Koshio さんはドイツ到着時からスタートダッシュがすごく、語学学校の初期のころから積極的な動きをしていたのが印象的。クラスもどんどん上がった。

ホームステイの家族とも積極的にコミュニケーションをとり、充実した語学学校時代を過ごし現在ミュンヘンの人気の食肉加工老舗店で
マイスターやゲゼレから丁寧な指導を受け充実した間日を送っていると嬉しい報告も。
実力をつけながらマイスターに向けた一歩を確実に歩む青年☆
彼の確実に力をつけていく姿にこれからもエールを送りたい☆

 14368740_1748678352053039_5179084268174765927_n 14344900_1748678358719705_6070432007661343602_n