参加者の活動報告〜ドイツ語学学校編〜
《参加者のKahoriさん、大学卒業後すぐにプログラムに参加、今ミュンヘンの老舗Baeckereiで製パンの国家資格ゲゼレを目指し奮闘中☆
語学学校期間中の活動について報告してくれました☆》

Kahoriさんは大学を卒業してすぐにドイツに来ました。若いにもかかわらず、多くのことを自分の力で解決する力を持っている彼女は早いうちにタンデムパートナー(語学を学ぶ者どうしがお互いに母国語を教え合う仲間)を見つけ、1週間に一度ドイツ語の実践力を身につけるためにタンデムパートナーに会って会話の練習をしたそう。
もともとおしゃべりなほうではない彼女は自分で様々な工夫をしてドイツ語に向き合ってきました。
写真中央のモスグリーンのジャケットを着ている女性がKagori さんです☆
彼女からの報告をいくつかご紹介します。

《ホームステイ滞在において良かった点 》
ホストファミリーはとても優しい親子で楽しく暮らすことができた。会話は上手くできなくても一緒にいるだけで聞く力はかなりついたと思う。サッカーの試合があるときは一緒に見てくれて、たくさん説明してくれたからサッカーのことも少しづつわかるようになってきた。

《語学研修を終えてドイツに来た頃と現在の自分のドイツ語力の変化について》
語学力を向上するためにタンデムパートナーを探し、週一で一緒に勉強するようにした。授業では文法をしっかり習って、タンデムでは日常で使う言葉を教わった。ドイツ語で映画や本、漫画などを見るようにした。

《楽しかったアクティビティ(活動)について》
語学学校のアクティビティではMittenwald の山登りが楽しかった。外国人は軽やかに登って行ったけど、私は死にそうだった。多分もう二度と行かないと思うけれど、とてもいい経験になった。

週末はホストマザーと犬と一緒に近くの森を散歩したり、湖でボードに乗ったりした。日本の映画が上映されると聞いて連れていってくれたり、好きなバンドのライブに行くために何時間も1人で運転してくれたり一緒にたくさんの時間を過ごした。

今回はKahoriさんの報告の一部をご紹介しました。語学学校で勉強しながら、外ではタンデムパートナーをつくって実践力をつける努力をしたり、ホームステイ先のご家族との交流も積極的につくった彼女はドイツでの生活の楽しみを自ら発見していたようです。すでに研修は始まりましたがKahoriさんは研修を受けながらドイツ語を学び続けると意気込んでいます。是非頑張ってください。

力をつけてドイツの本場の製パンの学びを是非充実させてほしいと思っています。
これからもKahoriさんを応援していきます☆
みなさん、応援よろしくお願いします!

14184495_1745791479008393_1247095338056398288_n