今年はすでにドイツに来ている方も含めて、ドイツ語の準備が進んできている人も多い状況です。今年の参加者も職種が様々、今までも2019年参加の方のドイツ語習得アドバイスもしてきていますが、今年はすでに、2020年参加が決まっている参加者のドイツ語習得準備のためのスカイプアドバイスも随時行ってきています。

ドイツに来る前にどれだけ準備をしてくるかもとても大切。一方、直前期に参加が決まる方もいますが、職種によって準備の要否がだいぶ異なるため、その判断は毎年弊社も慎重に進めてます。職種で顧客対応があるかないかでもだいぶ異なります。

さらにアドバイスとしては、荷物には必ず日本語で解説が読める文法書などの参考書を入れてくることも大切。わかりにくい文法を日本語で理解してしまい、先生のドイツ語の説明を理解しそしてアウトプットするほうがよっぽど習得が早いことがあります。また、簡単な会話を何度も繰り返し覚えてくることもドイツに来ていきなりドイツ語になる場合でも一通りの会話の言い回しを身につけてくるだけても全く違います。聴く力はやはりネイティブのスピードでのドイツ語会話を何度も聴くことが大切。なるべく耳で聞いたことを口に出して覚えていくことが大切。フリガナをつけて覚えようとせず、耳で聞いて繰り返すことで実際に話すときの発音が身についてくると思います。

実際にドイツに来て、数ヶ月経ってから簡単な会話力がついたかなと思ってドイツ語で話しかけてみると返答に困る姿は何度も見てきています。こういった場合はやはり会話の実践が足りないし、実際に使うドイツ語が身についてきていないことがすぐにわかります。大切なことはやはり何度も口に出し人と実際の会話をすることです。実践に勝るものはありません。ぜひドイツ語は人とのコミュニケーションツールであることを念頭に置いて力をつけていくことです。

語学学校で学べるのは基本的な文法とそれに付随した練習が多く、実際に使えるようになるには、外に出て人と話す以外にはありません。日本語が母国語でドイツ語が第二外国語で、できる人は必ずどこかの時期にその工程を踏んでいます。できるようになるのに、基本王道はないと思います。ただ楽しんでできるかどうかはその人次第。楽しくできるように工夫してみることが大切ですね。

航空券のアドバイスももちろん随時行っています。皆さん、ワクワクとドキドキの中準備を進めてきていますが、ドイツに来てしまえば、逆に落ちつきます。皆さんどんどんドイツの生活に慣れていきます。毎年多くの参加者を見てきているのでよくわかります。皆さんにドイツでお会いすることも今から楽しみです。事前研修は今週から再来週まで続きます。

参加者の皆さんが少しでも安心してドイツに出発する準備ができるよう、この後もアドバイスや相談に乗っていきたいと思います。

皆さん、今年の若い参加者皆さんへの応援、今年もよろしくお願いします!