《ドイツ大手保険会社のBarmerの責任者の方々と打ち合わせ。参加者の社会保険の手続きの準備や今後についての話し合いを行い、皆さんがスムーズに安心して研修に入ることができるよう準備を進めています☆》

長年来一緒に仕事をしてきているBarmerの責任者の方々。今年も参加者の保険手続きでお世話になるため手続きの準備を進めている。ずっと連携が続いてきており仕事も年々発展してきている。これからも仕事の広がりとともに連携を続けていきたい。

ここで少しドイツの保険制度についての情報をお伝えすると、ドイツは日本と類似する点と違う点がある。例えばBarmerは民間会社でありながら公的保険を扱っている会社。国家資格ゲゼレを取得するために研修生も他の従業員同様全員公的保険に加入する。研修先が研修生の保険料を約50パーセント負担してくれる仕組み。日本人にももちろん適用される。
プライベートの保険もあるが、保険のカバーされる範囲や仕組みが公的保険とはだいぶ異なる。
いずれにせよ収入がまだ少ない研修生のときからきちんと保険と年金に加入できるこの仕組みは非常に安心できる優れた仕組みだ。