《製菓でドイツの国家資格ゲゼレを目指し今年ダヴィンチのプログラムに参加の阿部容子さんの第6回投稿記事のご紹介☆》

容子さんもドイツのミュンヘンに降りたって、早くも2ヶ月半。ドイツでの生活の慣れとともに様々なことにチャレンジしているようです。今回は市民講座の料理教室に参加したときの様子を語ってくれました。一緒に料理を作った仲間との写真に写った容子さんのばっと明るい笑顔が皆さんと溶け込んでいる様子を物語ってくれています。
容子さんが語ってくれているように、ドイツはとにかくジャガイモ料理が豊富でジャガイモの種類が本当に多い。ジャガイモだけ売る市場の店を観たことがあるくらい。
今はシュパーゲル〔ホワイトアスパラガス〕の最盛期ですが、こちらもよくジャガイモが添えられていてこれが美味しい!!
料理教室の仲間と一緒に「おいしいね」と食卓を囲んできた容子さん、仲間と一生懸命料理を作り一緒に楽しんできた様子が伺えます。
このように彼らに混ざって様々な取り組みをしているうちにドイツ語がだんだん聴こえてくるようになり少しづつ自信につながってきます。
道のりはありますが確実に力がついてくる様子が伺えます。
いつも応援してくださっている皆さん、引き続き容子さんはじめチャレンジする参加者に応援のエールをよろしくお願いいたします!

以下容子さんの記事です。

【料理教室に参加してきました!】

市民講座で開講されている初心者向けの料理教室に参加してきました。というのも、実は私、全く料理ができません(苦笑)。こちらでは昼食と夕食が自炊で、当初は何を作ればいいか全く検討がつかず、トマトとレタスにドレッシングをかけただけのサラダや味気ないスープ、作りすぎてしまうパスタでお腹を満たすということを繰り返してきました。よりよく生きていくためにも、生のドイツ語に触れるという大義名分の下、いざ行かん!

受講生は私を含めて5人。全3回(7時間×3)で、毎回90分程度、衛生に関連することなどの座学の後、調理に入る。第1回目に作ったのはジャガイモサラダにジャガイモグラタン、ローストジャガイモと全てジャガイモ料理で、まさしくドイツだと目を見張った。2回目の時に驚いたことを話すと「ドイツらしいというのもあるけれど、調理が簡単だからよ!」と、先生。確かに、講座で配布されたレシピ本もジャガイモの章から始まっていて、この国にとって基本的で大切な食材なのだと改めてわかる。ちなみにスーパーでは一袋2.5キロで約250円と日本では考えられない量と値段で売っている。

もちろん講座は全てドイツ語で、残念ながら座学ではほとんど内容が理解できてない。ただ、本当にありがたい事に先生や一緒に参加している方々が優しくて、簡単なドイツ語や時には英語で手助けしてもらったり、役割分担をして調理をしたり、「塩気が足りない」「もう少し酢が必要」など味付けについて感想を言い合ったり、そして最後には「おいしいね」と食卓を囲むことができている。五感を使う料理だからこそこうして楽しめるのだろうし、おいしいは世界共通言語だなと実感。そうして私の食事も、ドイツ語のレシピを頼りに少しづつバリエーションが増えてきました。

以上が容子さんの記事でした。
容子さんが引き続きドイツ語で教えてもらってきたレシピのレパートリーが増えていくのが楽しみですね。料理のレパートリーが増える毎にドイツ語の実践力も確実に増えていくことでしょう。
皆さん、次回もお楽しみに!