《眼鏡のマイスターを目指して参加のSeiyaさんの研修先にて眼鏡をつくってもらいました!一般的な日本の眼鏡屋さんの提案とドイツの顧客への提案の違いに、顧客に対する根本的な考え方の違いがあることを教えてもらいました☆》
眼鏡の、ゲゼレ、そしてマイスターを目指し、日本での眼鏡の経験と抜群のドイツ語習得力を培い、マイスターに向けて力をつけているSeiyaさん、顧客対応をマイスターから任され、顧客と楽しそうに会話する姿を見ていて、本当に嬉しい。研修先のマイスターとの信頼関係も厚く、毎回この研修先に入れたことを喜んでくれている、
勉強は大変だけれど、周りとの関係を丁寧に築いてきた彼はドイツという国に住んでいること自体、とても充実しているとよく話をしてくれる。
今回も顧客の眼を一番に考えてレンズ選びをするドイツの顧客対応に彼はとても充実感を感じていた。
ドイツは食であればオーガニックを押しすすめていくなど顧客目線での商品開発を積極的に進めている会社が少なくない。日本も頑張っている農家さんのお話しを聞いたりすると、もっとそういった顧客目線で商品や農作物をつくる会社が活躍しやすい社会づくりが大切だと思う。
Seiyaくんの接客は板について頼もしい限り。これから彼のお店を皆さんにご紹介していきたいと思っています。
早々と老眼になって久しい私は初めて眼鏡を作ってもらいました!
本当に見やすくなり快適で手放せません。

皆さん、Seiyaさんはじめチャレンジする若者の応援、引き続きよろしくお願いいたします☆
さあ、いよいよ今年の参加者の多くがもうすぐドイツに到着します!
皆さん、引き続き応援よろしくお願いいたします!!