《ドイツはホワイトアスパラガス(Spargelシュパーゲル)が美味しい季節。Moniから最高に美味しいバターレモンソースの作り方を学んだのでご紹介。》

ドイツは今ホワイトアスパラガスの最盛期。
春の訪れとともにやってくるこの時期(6月24日まで)にしか楽しむことができないため、ついついこの時期は食卓にホワイトアスパラガスが並ぶ頻度が高くなるそう。
Moniのご主人のPeterは「3日に一度ぐらいホワイトアスパラガスが登場するけどちょっと多いよね(笑)」。

今日はこのホワイトアスパラガスにかけていただくとびきり美味しいバターレモンソースの作り方をご紹介。

《材料》
卵黄 卵一つ分
バター 500g
レモン果汁 レモン1個〜1個半
塩少々

卵黄を湯煎にかけながら、同時にバターも湯煎で溶かします。
卵黄をかき混ぜながら少しずつ溶けたバターを流し込みます。
コツはどちらも高温にならないようにして卵の方をかき混ぜ続けること。卵が固まったりすると失敗。温度に気をつけながらバターを入れソースにとろみがついてきたら最後にレモンの絞り汁をたっぷり入れ、塩で味を調整したら出来上がり!

茹でたホワイトアスパラガスにかけていただきます。ホワイトアスパラガスと一緒にいただいたのは、ハムと生ハムとジャガイモ。バイエルン地方のハムとスペイン産の生ハムとの相性も抜群でした。ソースはかなり美味しくカロリーを忘れていただきました。

ドイツ人はあまり料理をしないと言われることもありますが、日本と比べ一般的には素材や素材の質を大切にしている印象があります。
調味料も塩、胡椒などの香辛料、ハーブなどを組み合わせ調理をすることが多く、日本でよく見られる固形のルーや出来合いの調味料があまり存在しない分かえって学ぶことも多いなと感じました。

美味しそうなホワイトアスパラガスを手に入れる機会があったら是非お試しを!

IMG_5633 IMG_5634 11188427_1582108665376676_5671678578587239745_n 11179977_1582108675376675_7348703438597972400_n 10982844_1582108655376677_2306874954380936065_n 11114742_1582108685376674_749978364013979095_n