《毎年お世話になっている大手保険会社バーマーと新年初の打ち合わせ。長年の連携から絆も強くなりこれからもいい関係で一緒に仕事を充実させていきます☆》

ドイツにはいわゆる日本の国民健康保険に近い公的保険とプライベート保険に分かれ、基本的には研修生や被雇用者でまだ勤続年数が浅いうち(給与も関係する)は公的保険に加入し、将来はプライベートを選択できる要件に適合すればどちらかを選択することができる、あるいは立場、要件によってはプライベートに加入しなければならない仕組みになっている。

また公的保険も民間企業が扱い、公的保険の仕組みについて若者に説明をしたりする機会をまめにつくり制度を明らかにしている。

ドイツはうちの参加者が国家資格ゲゼレを目指し研修に入ればデュアルシステムで通うことになる学校で労働者の権利についての勉強や憲法の人権についての勉強をし若い人たちが自分の権利を守るときの制度をよく勉強する仕組みがあり、これは社会に出ていく際に非常に大切なことだと常々感じる。

私自身は大学で法律専攻しその後もそれぞれの基本法をかなり深く勉強してきたため法律の大切さをよく知っていて勉強したことが自分自身の人生にも非常に役に立っていると考えているが、日本では社会に出る前に一般社会人として学ぶべき法律を学ばずに社会に出てしまうことが多いように感じる。その点、ドイツの教育システムは本当によく出来ていると感じていて、若者や被雇用者を守り育てる社会がそこに存在する。

現在私達が提携している会社の方々は我々の日本人の若者に機会をつくっていく思いにも我々の仕事にも理解と信頼があり、非常に心強いサポーターになってくれている。

これからもますますの信頼関係を構築し続け、一緒にいい仕事をしていきたい。
また、我々も長年かけてドイツの法人と信頼関係を築いてきたことでこれからも幅広い仕事をしていくことができることにとても誇りを感じている。
連携、応援してくださっている皆さまに感謝しながらこれからもいい仕事をしていきたいと思う。

今週は日本とのスカイプ面談が詰まっているなか、様々な方々ともお会いし年初をいい形でスタートできて嬉しい。

昨日打ち合わせをした経済振興局のレオンハート氏の話も非常に興味深い話が多かったので、また後日ご紹介したい。