《ドイツの美しい街並みの実現に貢献する内装・外装Malerマーラーのマイスターに話を伺いました。ドイツの建造物を快適に利用するために欠かせないMalerという職業、とても興味深いです☆》

秋晴れのなか、ドイツの建造物を美しく保ちまた新しく蘇らせる内装・外装を手がけるMalerマーラーという職業のマイスターにインタビューを兼ねて様々な現場に案内してもらいました。
ドイツは第二次世界大戦前の建物をAltabauアルトバウというがこのAltabau、住みたい、利用したいと人気が高い建物が少なくない。天井が高く芸術が施された建物に住みたい地元民は、Malerの力を主に借りてリニューアルしたお部屋に快適に住むことを好み、その生活にとても文化を感じる。
ドイツの壁は、日本ではルナファーザーと呼ばれる天然ね木のチップがベースとなっている自然素材100パーセントの壁紙下地材を使って塗装をする仕組みが一般的。日本に多いビニールクロスとは風合いが違う。
見た目が美しいだけではなく人の身体にも優しいこの壁、人々の生活に欠かせない。この数十年かけてドイツは塗料の改善にも努めてきた結果Malerという職業の人にとっても、住む人にとっても安心で安全な壁作りを実現してきているという。
マイスターは経営や顧客との折衝に努める。Malerとしてのスペシャリストであるゲゼレの方々との連携、そして建築に携わる他のスペシャリスト木工家具、電気設備士との連携を行いながら、美しく機能的な住まいやオフィス、店舗が仕上がっていく。
様々な話を伺ってきたので、追ってまたご紹介していきたい。

22045953_1924807177773488_4194849668924848372_n 22089621_1924807314440141_182966130381156228_n 22008222_1924807214440151_5999063495988913534_n 22008106_1924807221106817_3658363742973909565_n 22046082_1924807184440154_9007053494641743714_n IMG_5387 IMG_5388