《プログラムの審査基準》

ドイツで職人、職業人のプロとしての国家資格ゲゼレを取得するための留学プログラムを運営するダヴィンチインターナショナルは、プログラムに参加を希望する人がこの長期の留学プログラムの参加を認めるかどうかを審査する機関でもある。
今までの審査基準は、①希望する職種への興味や志の高さ、経験の有無、②ドイツ語を習得する、または研修を受けるにあたり勤勉さがあるかどうか、またその習得状況③ドイツという海外でチャレンジするにあたり自立した問題解決能力があるか、などこのような基準で審査を行ってきた

しかし、実際に長年このプログラムを運営していると、毎年参加者の中に若干一名ほど人の成功や活躍を疎外するネガティブな話をする人が現れる。
何もなくてもドイツという海外でのチャレンジが始まり、様々な不安のなか目指していた目的を実現するために頑張っている彼らに様々なネガティブ材料を与え不安をあおり、成功を妨げるドリームキラー。
善意を装っている、あるいは自分でも悪意の意識はないため、周りの参加者の中にはどうしてもそのドリームキラーの言葉に引っ張られる人が現れる。
特にドイツ語の向上に悩んでいたり、ドイツの生活になかなか慣れない人は引っ張られる傾向がある。
一方、志がしっかりしていて自らの目的、成功を自分の思考で明確にすることができる人はこのような人の影響は全く受けない。
一旦影響を受けてしまった場合、中にはドイツが嫌いになったり、ともすると何をしにドイツに来たかもわからなくなる場合もあり、もともと目的が明確にあったはずにもかかわらず惑わされることになるドリームキラーの存在。

確かに社会に生きていれば学校にも社内にもどこにでもいる。
ドリームキラーの共通した特徴を検証すると、様々な形で人の夢や目標達成を邪魔したり疎外する、あるいは水をさす人、本当にその人の幸せや活躍、成功を心から喜ぶことができない人。
人の足を引っ張っる、善意を装いあたかも親切に色々と伝えているフリをして人の不安をあおる人。人によっては自分が善意を装っていることも認識がない場合もあるようだ

私たちはこういった人物はドイツの教育制度、ドイツの文化にも合わないと考える。なぜなら、私自身、ドイツで地元の小学校、ギムナジウム時代を過ごしたが、人の活躍、成功、喜び、幸せを祝福できない人を思い浮かべることができない。もちろん中にはいるかもしれないが、教育制度そのものが競争社会ではなく自分の価値、存在を絶対的にとらえることができる仕組みなので非常に少ない。

そこでダヴィンチインターナショナルとしては、今後は参加の基準としてこのドリームキラーを参加者に選ばないように審査基準を新たに考え、今までの審査基準の上に何よりも先に、人の活躍、成功、幸せを喜ぶことができる人物かどうかを基準に設けることにした。
ドリームキラーは他にも世の中にいるだろうがダヴィンチとしてはドリームキラーを参加者として選ぶわけにはいかない。

そしてやはり、そのような言葉に惑わされにくい人、自分の能力向上に自信がある人を選ぶことも大切。
ドイツ語の習得基準を設けるかどうかも今後検討するが、人により習得状況にも幅があり、また学校が設ける基準は目安になるがそれだけでもない。

毎年このプログラムに興味を持つ方々が増え、このプログラムに興味を持っていただくこと自体はとても嬉しい。しかし今後は人の幸せや成功を心から喜べない方についてはプログラムのご案内ができないことをあらかじめお伝えしておきたい。

もともとドリームキラーに影響を受けない人々も多いためわざわざ伝えるまでもないとも考えたが、もしなんでも知ったような口であたかもアドバイスをしてくるけれど話した後不安や疑念ばかりが残ったような人の話を聞いた場合は、ドリームキラーの存在を思い出してほしい。
そして本当に信頼ができる人がどうか、まずは立ち止まって考えてほしい。
社会で成功していく人、結果を出す人、人から本当に信頼される人に、不安をあおるようなネガティブな話をする人はまずいない。物事をネガティブに捉えるか捉えないかは全てその人次第だからだ。

ネガティブな話として話をしてくる人、噂やゴシップネタばかり話す人に真の成功者はいないし、物事を小さくしか捉えることができない実際には自信、実力のない人に多い

本当に人の成功や幸せを願う人は、必ず相手にソリューションに向けた案を出し、勇気を与えてくれるはず。

当人がどの人の話をきちんと受け止め意識をし行動をするかも非常に大切。
すなわちドリームキラーの話を聞いて引っ張られないように生きることもまた大切。

そして何よりもマイスターは研修生に前向きなアドバイスや改善に向けた提案はしてくれるが、ネガティブな話で研修生を不安に貶めたり成長を妨げたりすることはない。研修生の成功や活躍を願って教育をしているからだ。また国家資格は形だけのものではない。デュアルシステムにより実力と社会的地位をともに得ていく教育制度。

今までプログラムの審査基準などについて語ったことはないが、今後検討していく方、そして現在の参加者達、応援して下さっている方々にあらためてダヴィンチの運営指針についてお伝えしておきたく、投稿することにした。

私たちは、志高くチャレンジする若者の活躍、成功、幸せを心から応援していく運営をこれからも続けていきます。