《ドイツでビールの職人の国家資格ゲゼレ・マイスターを目指すダヴィンチの参加者、Takafumiさん、新聞の取材やテレビ取材、ラジオ取材まで受けて研修先に大貢献☆
Takafumiさんが同僚の研修生と一緒に作った研修生オリジナルビールがなんと店頭に!彼のチャレンジはこれからも続く☆皆さん応援よろしくお願いします!》

Takafumiさんは、昨年春ドイツのケルンに入り、昨年9月からビールのゲゼレ・マイスターを目指して研修先の醸造所に。

今回その彼に会ってきた。すごく元気で職場にすっかり溶け込んでいた。

Takafumiさんはドイツ語が当初からC1と相当優秀にもかかわらず今も勉強を続け、日々学校の勉強も怠らない。優秀さはいうまでもないが、さすが元教師。姿勢が素晴らしいし、ドイツでの生活をすごく気に入り、今の自分の人生を心から楽しんでいた。

ハンブルクの北にある醸造所で研修を受けている彼は、日本人がビールのマイスターを目指すということで注目を浴び、ZDFのテレビ番組(かなり長いドキュメンタリー)で取り上げられ、且つ新聞にもバッチリ掲載。一躍時の人。

彼は色々な仕事を率先してこなしていた。マイスターからの信頼は本当に厚く、マイスターも彼をべた褒め。さらには研修生にクラフトビールをつくる機会を作ってくれたこの醸造所、Takafumiという名前が刻まれたビールがなんと店頭で販売。
彼がマイスターの指導の元作ったクラフトビールLehrlings sud🍺は三種類。
彼のおすすめはグリーンのラベルの
Irish Dry Stout。
「今度はTakafumi達にもっと自由にビールをつくる機会を作りたい。」とマイスターが語ってくれた。

毎日自転車で通勤し、大きな空の星空を観るのがとてもいいと語ってくれた彼は本当にドイツという国、人、社会、に触れ今自分がここで力をつけていること、また充実した毎日を送っていることを色々と語ってくれた。もちろん大変なことはたくさんあるだろう。それを持ってしても今ドイツで仕事をし、着実に目指すものに向かっている彼の目は輝いていた。
彼の経験、取り組む姿勢、そして良い話を聞くことができ、本当に嬉しかった。

Takafumiさんの人生を、そしてドイツの様々なことに親しみを感じチャレンジする皆さんの人生を、これからもずっと心から応援していきたい。