《ドイツのインダストリー4.0「第4の産業革命」にはドイツの製造業を支える中小企業Mittelstandを守る仕組がある☆》

現在ドイツが推し進めているインダストリー4.0は非常に興味深い。
官民学が一体となって進めるなかでドイツの製造業を支える中小企業を多大な資本力が必要な開発については政府が音頭をとり、このテクノロジーの恩恵が中小企業も受けられるようになっている。
以前から中小企業に開発した技術を開示し提供するFrauenhofer Gesellschaftの活動については製造業を支える中小企業の強化には効果的な取組みでさすが合理的な考えをするドイツならではだなと感じる。

このインダストリー4.0が推し進められていくなか、大半が自動化された場合も顧客1人ひとりの要望に合わせたテーラーメイド式生産など創造的な作業については、人間が担当する、とも語っている。

つい先日、木工家具(Schreiner)
のマイスターに話しを伺った際に、「大手企業から大手企業では対応できない顧客の要望についてはうちの会社が受注し対応している。だから仕事が絶えることはなく常に忙しいよ。」と語っている。
しかも受注を受けるのは特定の大手企業ではなく様々な大手企業からの受注を受けておりその点も中小企業が疲弊しないひとつの理由なのかなと。
様々な分野で推し進められるインダストリー4.0。大手企業だけが独り勝ちではない中小企業をも活かすこのドイツの動きに注目していきたい。

11698818_1604452393142303_6942815144940690096_n 11698511_1604452426475633_5294934158902322447_n 11701085_1604452446475631_2246858864314174852_n 10985051_1604452406475635_5572291816385814160_n