《だんだん寒くなってきましたね。今年はドイツもやや暖かい秋晴れの日が多いです。寒暖の差があるせいか風邪を引く人が少し増えてきたようです。ドイツでは風邪を引くとお医者さんが1週間の休養を取りなさいと診断書に書いたら従業員は会社を1週間休みます。この場合従業員は自分の有給ではなく特別な有給が付与されます☆この制度はもちろん研修生にも適用されます。》

ドイツでは風邪をひき医者から1週間の休養の診断書がでると会社を休むことになります。会社も本人を働かせてはいけません。通常の有給ではなく特別に病気休養のための有給が付与されます。薬でおさえて会社にいくのは本人の身体にも周りにもよくないという考えがあります。

また症状が軽い場合には薬局の薬剤師がかなりのエクスパート。ちなみに薬剤師もドイツのデュアルシステムの仕組みで薬剤師になる仕組みがあるため、うちの参加者にも実際にこの薬剤師でプログラムに参加する方もいます。
薬剤師さんには色々と相談ができます。例えば頭痛でも様々な薬品があり、植物から採取したオイルは効き方が穏やかで最近は頭痛にすらならなくなりました。また薬剤師さんが様々な症状に対しハーブティーを提案してくれることもありますし、症状を直に診てくれ判断してくれます。また症状を診て医者の診断が必要かを明確に伝えてくれます。代替医療もとても普及しているため、本当に人の身体や健康を考えた取り組みなどはやはり共感が持てます。

風邪をひかないのに越したことはないですが、引いたらやはり休息し本当に身体を休め回復させることが大切。ドイツの経営者は大変ですが、人々の身体を大切にするこの仕組みはやはり良いですね。
うちのプログラムの研修生もこの仕組みで風邪のときにはお休みをとっていますが日本にはない制度なのではじめのうちは戸惑う人もいます。もちろん研修生にとっては良い制度、皆さんすぐに慣れていきます☆