Q:ドイツに来てホームステイ先に入ったらイタリア系だったりインド系だった。せっかくドイツに来たのにホームステイ先の家族はなまりのあるドイツ語です。これって仕方がないのでしょうか。

A:日本という島国から初めて海外に来ると、イメージとしてドイツ人はドイツ人、フランス人はフランス人、イタリア人はイタリア人と明確に分かれていると思う人もいたりするのは自然なことなのかもしれません。しかしここは地続きのヨーロッパのど真ん中の国ドイツ。長年かけてヨーロッパの人たちは国を跨いで行き来をしてきており、当然移民もたくさんいます。すでに2世、3世たちの国籍はドイツだったりもします。実際にドイツ国内の外国人比率は11%、そこに元移民系のドイツ人は12%、を合わせると実質的な移民・外国人比率は全体の23%にも及びます。そのくらい民族や国籍が多様な人がドイツでは生活をしています。トルコ人だと思っている人の国籍がドイツ人ということももちろんあります。このような中で当然起きてくるのがそれぞれの人種のなまり、あるいはドイツ人でも方言があるなどの環境におかれること。日本人の中にはきれいなドイツ語をいつも耳で聞いて学ばなければならないのではないかと思う人もいると思いますが、それは一旦学校や自分で学ぶときに聞くドイツ語が標準語であれば十分。実は実践力としては、多様なドイツ語に慣れておくことが大事。なぜならば、ドイツにいる約4分の1弱の人たちは母国語が違っていたりするうえに、ドイツ人でも方言が強い人も少なくないことを考えると、彼らが話すドイツ語に慣れておく必要があるんですね。それが実生活で求められることだったりします。日本人にとってはなかなか頭で考えても想像しづらいことかもしれませんが、多国籍の移民が多いドイツではそのような実情があります。実際にそういった人たちがドイツ語という共通言語を通じてわかりあい、生活をしています。逆を返せば、日本人のドイツ語はやっぱりほかの外国人と同様、特徴つまり「なまり」があります。そのドイツ語を皆さん一生懸命聞いて理解してくれるわけです。将来、仕事で外国語なまりの上司が自分につくことももちろんあるし、日常生活では多様なドイツ語を聞き理解する力が必要になります。

だから、ホームステイ先の家庭が純粋なドイツ系の家庭でない場合は、外国人が話すドイツ語に慣れるとても良い機会になります。自分だってなまりのあるドイツ語を話すことになるのですから、お互いすこしづつ特徴のあるドイツ語を話し合いながらもわかりあうという意識はとても大切になります。

その他の質問、ご相談は下記までご相談ください。

メールアドレス:info@davinci-international.com

参考資料(下記参照):

ドイツで増大する移民と経済への影響