《大学進学率は上がるが大卒者の就職率は低迷−職業教育重視の動き−訓練制度、独仏にヒント☆》日経新聞2015年1月19日記事より

ポイントとして、
・大卒者の2割が非正規雇用で生涯賃金から得た大学進学に費やしたお金の利回りが主要国で最低ランクにある…
・職業教育 重視の動き…
・独仏にヒント…
・ドイツの幅広いデュアルシステムをひとつのヒントと謳っている。

現在ドイツのデュアルシステムで国家資格ゲゼレの取得を目指している日本人の参加者の方からは、『職場で学び培う実践力・技術力と職業学校で学ぶ専門知識や社会で必要な法律、政治学が非常に興味深い』と聞く。
内容を聞いていると専門分野、法律関係含め非常に面白い。ドイツ憲法も学んだりする。
さらにマイスターを目指す方は経営学や部下育成のための教育学も学ぶ。
実力がつくとともに国家資格も習得し社会的地位も上がるため誇りを持ったスペシャリストが育成される仕組みに日経新聞の記事も一定の評価をしていて素直に嬉しい。

ドイツでの職業訓練(Ausbidungアウスビルドゥンク)は海外で生活をするという点でも人を成長させると参加者から聞くことも多い。
また実際に「アメリカをはじめ世界からの注目を受けているのがこのシステムだ」と私達が訪ねた手工業会議所の責任者も語っていた。
より多くの幅広い世代の方にこれからも機会をつくっていきたい。

https://socialnews.rakuten.co.jp/link/446353

10426227_1539326639654879_5962903521529740975_n 10931296_1539326669654876_7823157213732979596_n